プログラム

 

『鶴の声』玉岡検校 作曲
三絃独奏 澤村祐司
『みだれ』八橋検校 作曲
箏独奏 澤村祐司
 
『無伴奏ヴァイオリンパルティータ第1番 ロ短調 BWV1002』J.S.バッハ作曲
『スペインのバラード』(スペイン民謡)
『 アレグロ』 J.S.バッハ作曲

ヴァイオリン独奏 永井由里

 

 

プロフィール

澤村祐司 Yuji Sawamura(生田流箏曲家)

11歳より、生田流箏 三絃を、宮城社大師範 金津千重子に師事。東京藝術大学音楽学部邦楽科を経て同大学院修了。「第2回 八橋検校日本音楽コンクール」にて八橋検校賞受賞。平成22年度 邦楽地域活性化事業に参加。2015年 初のリサイタルを開催。朗読ミュージカル「山崎陽子の世界」にて物語の作曲、熊本県立松橋西支援学校の校歌作曲などを手がける。箏曲宮城社師範、重音会、森の会会員。筑波大学附属視覚特別支援学校音楽科、明治大学三曲研究部非常勤講師。㈱セールスフォース・ドットコム所属。VOICE SPACE 代表。

永井由里 Yuri Nagai(ヴァイオリン)

上野学園高校音楽科、桐朋学園大学音楽科卒。桐朋学園音楽賞受賞。江藤俊哉、鷲見三郎、宗倫安、新井覚、ヨーゼフ・フックス、ナタン・ミルシュテインの各氏に師事。日本学生音楽コンクール小学校の部全国一位、日本音楽コンクール入賞、安宅賞受賞。読売新聞社主催新人演奏会出演。ニューヨークのジュリアード音楽院首席卒業の際、ローブス・ロブ賞受賞。ジュリアードにおいてグラズノフ、ショーソン、ラヴェルなどの数々のコンテストに優勝。欧米の主要コンサートホールにてリサイタルやコンサートに客演。New York Times、Neue Zürcher Zeitung、Wiener Zeitung等で、またZürich Zee Zeitungで「爆発的ヴァーチュオーソ」と絶賛される。スイスの作曲家ハンス・ショイブレのヴァイオリンソナタをスイスで世界初演。広瀬量平、一柳慧の曲をロンドンで初演(ジャパンミュージックプールによる)。NHK・FMリサイタル、スイスラジオDRSリサイタル、ニューヨークラジオWQXR(リスニング・ルーム等)、スイスTV・DRS等に出演。1997年より2013年コンサーツ・イン・喜多見(後援国本学園)及び2002年より由里PASSIONミュージックのコンサート(2002年2003年2007年東京文化会館、2005年2006年相島芸術文化村,等)を毎年開催。 2005年よりムシカ・ポエティカ(Musica poetica)の淡野弓子氏と共演。2013年より相模原のHANA-CHA-CAFEコンサートシリーズ等、全国各地でコンサート活動を行っている。

© 2018 Estraction. All rights reserved
Created by S.K.Soleman
Design by W3layouts